ブランド売るなら ブランドちゃんねる

  1. HOME
  2. ヴィトンに使われるヌメ革のメンテナンス方法

ヴィトンに使われるヌメ革のメンテナンス方法

上手にメンテナンスして長く付き合おう

高級ブランドは自分にとって特別なものですよね。
せっかく高いお金を出して買った商品とは
なるべく長くお付き合いしたいものです。
でも日々の使い方が悪かったり
メンテナンスを行っていなければ
経年劣化ですぐにボロボロになってしまいます。
そこで今回はルイ・ヴィトン製品によく使われる
ヌメ革製品のメンテナンス方法についてご紹介していきます。
そもそもヌメ革ってどこの部分?と思う人もいるかもしれませんが、
バッグの持ち手部分や縁取り部分、そこ部分に使われている素材で
白や茶色の皮素材です。
ヌメ革は牛皮をタンニンで柔らかくした素材であり、
素材そのものから皮だといえます。
特殊なコーティングはしていないので
紫外線や水分に非常に弱い性質があります。
新品状態なら白に近い色をしていますが、
時間が経つと共に紫外線や水分の影響で
濃い茶色になっていきます。
使用しなくても少しずつ変色は進んでいきます。
ヌメ革を使っている以上、変色は避けられない事ですが、
上手に使うことでツヤが増し、
自分だけの色を出すことができるのです。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のヌメ革バッグ

それではここから変色を楽しむための
メンテナンス方法をご紹介します。
まず乾いた布で皮を乾拭きしていきます。
布の繊維が付かない様に拭き上げ、
縫い目部分の細かい汚れも落としましょう。
そして革製品専用のオイルを布に取り、
色ムラがでないように薄く塗ります。
オイルの量が多いとムラや染みの原因になるので
注意しましょう。
全体に塗り終えたら30分ほど乾燥させます。
最後に柔らかい布で乾拭きをすれば完了です。
これを月に一度くらいの頻度で行うことで
綺麗なツヤのある皮状態を保つ事ができます。
また、メンテナンス以外に日々の使い方にも
注意するようにしましょう。
上記にあるようにヌメ革は紫外線と水分に弱い素材です。
濡れたままで放置していると水の跡が斑点のような
染みになってしまいます。
水に濡れたらすぐに拭き取り乾燥させるようにしましょう。
そして使用後に汚れた部分を拭き取り
風通しのよい場所で保管するように心掛けて下さい。
上記の方法を行うことで少しでも長く
ヴィトン製品と付き合っていけるはずです。
愛着を持って日頃からのメンテナンスを
欠かさない様にしましょう。